メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7年目の被災地

「思い出の品」返却終了へ 陸前高田市、活動の予算不足 /岩手

 東日本大震災の津波で流された写真や位牌(いはい)など「思い出の品」を持ち主に返す陸前高田市の活動が、予算不足を理由に22日で終了する。市から事業を委託されている一般社団法人「三陸アーカイブ減災センター」の秋山真理代表は「寄付を募るなどして活動を続けたい」と話す。

 活動は2011年8月から厚生労働省の「震災等緊急雇用対応事業」を利用してスタートした。震災後に回収された持ち主が分からない写真などを、市内のプレハブ施設に保管・電子データ化。県内各地で返却会を開き、持ち主が分かる度に渡してきた。今夏は、東京と仙…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文638文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです