メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
7年目の被災地

「思い出の品」返却終了へ 陸前高田市、活動の予算不足 /岩手

 東日本大震災の津波で流された写真や位牌(いはい)など「思い出の品」を持ち主に返す陸前高田市の活動が、予算不足を理由に22日で終了する。市から事業を委託されている一般社団法人「三陸アーカイブ減災センター」の秋山真理代表は「寄付を募るなどして活動を続けたい」と話す。

 活動は2011年8月から厚生労働省の「震災等緊急雇用対応事業」を利用してスタートした。震災後に回収された持ち主が分からない写真などを、市内のプレハブ施設に保管・電子データ化。県内各地で返却会を開き、持ち主が分かる度に渡してきた。今夏は、東京と仙…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文638文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです