メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7年目の被災地

「思い出の品」返却終了へ 陸前高田市、活動の予算不足 /岩手

 東日本大震災の津波で流された写真や位牌(いはい)など「思い出の品」を持ち主に返す陸前高田市の活動が、予算不足を理由に22日で終了する。市から事業を委託されている一般社団法人「三陸アーカイブ減災センター」の秋山真理代表は「寄付を募るなどして活動を続けたい」と話す。

 活動は2011年8月から厚生労働省の「震災等緊急雇用対応事業」を利用してスタートした。震災後に回収された持ち主が分からない写真などを、市内のプレハブ施設に保管・電子データ化。県内各地で返却会を開き、持ち主が分かる度に渡してきた。今夏は、東京と仙…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 新型コロナ 国内死者100人超え 感染者数は4560人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです