原岡桟橋

名所、台風で無残 南房総市が修復へ /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
床板が流され、立ち入り禁止になった南房総市富浦町の「原岡桟橋」
床板が流され、立ち入り禁止になった南房総市富浦町の「原岡桟橋」

 夕日の海岸に伸びる木製桟橋としてテレビや雑誌で紹介されて以降、観光名所になった南房総市富浦町の「原岡桟橋」の床板の一部が台風21号による高波の影響で流され、立ち入り禁止になっている。市は補正予算で修復作業に取りかかる。

 同桟橋は1930年代、漁船用に設置された。現在は使われていないが、正面に富士山を望むことができ、夕日に映える絶景ポイントだ。一昨年暮れから地元有志が照明設備やベ…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

あわせて読みたい

ニュース特集