メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

多文化共生の保育園 /京都

 「多文化共生保育」に取り組む京都市南区の「希望の家カトリック保育園」では子どもたちにさまざまな国の人の話を聞かせる機会を作っています。イスラムからキリスト教に改宗したと疑われたりして祖国アフガニスタンで拷問を受け、日本に逃れて在留許可を得た男性もその一人です。少数民族ハザラ人の男性が話してくれたという「小さな赤い魚」の物語は保育園のホームページにも概要が紹介されています。

 小さな赤い魚は自分の命をつなぐ水がどこにあるのか分からず、水を探して旅に出ます。ある日、漁師の網に…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文902文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです