メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

多文化共生の保育園 /京都

 「多文化共生保育」に取り組む京都市南区の「希望の家カトリック保育園」では子どもたちにさまざまな国の人の話を聞かせる機会を作っています。イスラムからキリスト教に改宗したと疑われたりして祖国アフガニスタンで拷問を受け、日本に逃れて在留許可を得た男性もその一人です。少数民族ハザラ人の男性が話してくれたという「小さな赤い魚」の物語は保育園のホームページにも概要が紹介されています。

 小さな赤い魚は自分の命をつなぐ水がどこにあるのか分からず、水を探して旅に出ます。ある日、漁師の網に…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文902文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 福岡 元貴乃花親方、自衛隊車両運転 内規違反で隊員注意
  4. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです