メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マジョリカタイル

東アフリカ沖・ザンジバルで淡路製発見 アフリカと貿易か、日本製10枚 大正後期 /兵庫

長崎大多文化社会学部の増田研准教授がザンジバルで入手した日本製のマジョリカタイル。上段左側が「淡陶」のタイル=同准教授提供

 東アフリカ沖のインド洋にあるザンジバルで、長崎大多文化社会学部の増田研准教授(社会人類学)が、淡路島など日本製の美しい「マジョリカタイル」を見つけた。大正後半ごろに生産されたものとみられる。マジョリカタイルは大正から昭和初期にかけ、中国、東南アジアを中心に日本から大量に輸出されたが、アフリカまで広がっていた可能性が高まったという。

 マジョリカタイルは「和製ビクトリアンタイル」とも呼ばれ、当初は英国風のタイルを模したものだった。日…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 高橋留美子さん欧州最大規模の漫画祭でグランプリに 「極めて進歩主義的」
  3. 博多の中1女子死亡 柔道事故 大外刈りの受け身練習、「時期尚早の可能性」 第三者委が指摘 /福岡
  4. どうすれば安全安心 迷子、事前にできること 「子どもの視野の狭さ」知って
  5. 「劇的ビフォーアフター」工事会社と朝日放送などが和解 2700万円追加費用発生で訴訟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです