メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県高校駅伝

男子・須磨学園、女子・西脇工がV /兵庫

男子1位でフィニッシュする須磨学園の三宅友哉選手=兵庫県篠山市の篠山鳳鳴高で、藤田愛夏撮影

 男子第72回、女子第34回県高校駅伝競走大会(県高体連など主催)が5日、篠山市で開かれた。秋らしい青空が広がる絶好のコンディションの中、男子は須磨学園、女子は西脇工が、ともに全区間トップを譲ることなくフィニッシュした。県大会では須磨学園は2年ぶり4回目、西脇工は4年連続8回目の優勝。12月24日に京都市で開かれる男子第68回、女子第29回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)に県代表として出場する。また、優勝校を含む男女上位6校は、今月19日に大阪府能勢町で開かれる男子第68回、女子第33回近畿高校駅伝競走大会に出場する。

 スタート時の天候は晴れで気温11度、湿度50%、北北西の風1・9メートルだった。【丸井康充、広田正…

この記事は有料記事です。

残り4768文字(全文5085文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです