秋季中国地区高校野球大会

おかやま山陽、初V 監督・主将の話 /島根

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

控え選手も活躍 おかやま山陽・堤尚彦監督

 初優勝は素直にうれしい。相手を追い掛ける展開だったが、スタンドからの諦めない応援が力をくれた。選手たちはよく頑張ったと思う。控えの選手らも活躍できたことが大きな収穫だ。

チームに一体感 おかやま山陽・祢元太陽主将

 最後まで諦めず戦って勝つことができ、うれしい。今日はベンチメンバーが活躍し、チームに一体感が生まれたと思う。守備の連係などまだ課題があるので練習していきたい。

あわせて読みたい