メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

県予選決勝は舞鶴VS東明 文理大付、大分工及ばず /大分

【大分東明-大分工】前半、大分工の選手を振り切り突破する大分東明の選手(手前)

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)県予選の準決勝が大分市の大分スポーツ公園であり、大分舞鶴と大分東明が決勝に進出した。大分舞鶴は日本文理大付を寄せ付けず、大分東明も大分工に圧勝。決勝は昨年と同じ顔合わせで、12日午後1時5分、大分市営陸上競技場である。

 大分舞鶴は試合序盤、日本文理大付の激しいディフェンスを受け、決め手を欠いたが、自慢の激しい当たりで相手選手の体力を奪って足をとめ、5トライを奪った。後半はFWの突進だけでなく、バックスの展開力も発揮し…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです