メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

記録作家・林えいだいさん=9月1日死去・83歳

福岡県田川市の自宅で=2017年1月撮影

民の姿の記録に執念 林(はやし)えいだいさん=肺がんのため、9月1日死去・83歳

 「戦争は人間性を奪い尽くす」。福岡県田川市の自宅を今年1月に訪ねたとき、こう繰り返した。「権力を監視するのが記者の役目だ」とも。これらの言葉はえいだいさんを慕い、後に続く者への「遺言」と受け止めている。

 両親は戦時中、重労働と民族差別で炭鉱から脱走した朝鮮人をかくまった。神主だった父は特別高等警察に連行され、拷問を受けた後に死亡。だが、その息子は軍国主義をたたき込まれ「吾少年特攻隊を志す」と家の壁に書く。母は泣いて注意したという。

 敗戦で教育方針が180度転換。高校で、戦地から復員してきた教師の話を聞いて「ころっと民主主義になっ…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです