メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

上司と部下、置かない職場

若手社員に囲まれて仕事するアトラエの新居佳英CEO(中央)=東京都港区のアトラエ本社で、鳴海崇撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 生産性向上が課題となる働き方改革。的確で迅速な意思決定が可能になるシステムとして、上司と部下の関係、階級のない「ホラクラシー」が注目されている。現場を訪ねた。

 ●役職は単なる役割

 「新しくできたステーキ屋にしようか」「朝5時までやっているんだっけ」

 10月18日、人材・人事ITサービス会社「アトラエ」(東京都港区)の本社。パソコンを向かい合わせて作業していた4人が、飲み会の相談で盛り上がっていた。まだ午前10時を過ぎたばかり。背後では別のチームが立ったままミーティング中だ。

 「この辺りはすし屋『不毛の地』だったんだけど、最近はね……」。隣に座っていた男性が、難しくしていた顔をほころばせて話に便乗してきた。ノートパソコンをたたき、卓上カレンダーを見つめる姿を、若手たちが笑う。最高経営責任者(CEO)の新居佳英さん(43)だ。自分の部屋はとりあえずあるが、打ち合わせや集中したい時に使うだけで、社員と同じ机で仕事をすることが多い。

この記事は有料記事です。

残り1741文字(全文2176文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです