メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・きらり

オープンに命咲かそう 不妊サポート会社を設立 西部沙緒里さん、黒田朋子さん

西部沙緒里さん(左)と黒田朋子さん=東京都渋谷区で、根岸基弘撮影

 <ki ra ri>

 不妊、産む、産まないに向き合うすべての女性たちへ--そんなメッセージを掲げたサイト「UMU」。10年以上の不妊治療の末、子のない人生を受け入れた女性。子宮破裂により妹に代理出産を頼んだ女性。特別養子縁組で子供を迎えた女性。さまざまな選択が、実名と顔写真とともに語られる。サイトを運営する2人もまた、不妊に悩んだ当事者だ。昨年9月、不妊にまつわるメディア運営やアプリ製作を手がける株式会社「ライフサカス」を創業した。

 「今後の妊娠可能性は10%以下です」。西部沙緒里さん(40)が医師から告げられたのは、2年前の春だった。前年に乳がんと診断され、左胸を手術したばかり。大手広告代理店でバリバリ働き、結婚5年目。抗がん剤や放射線治療は受けておらず、「自分は妊娠できるという根拠のない自信があった。女性性や人格まで否定された気分だった」。

この記事は有料記事です。

残り1507文字(全文1885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです