メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

J1 鹿島1-0浦和 鹿島、連覇見えた 最短18日にも

【鹿島-浦和】後半35分、ゴールを決めて喜ぶ鹿島のレアンドロ=カシマスタジアムで2017年11月5日、長谷川直亮撮影

 (第32節・5日)

 ▽カシマ 観衆33356

鹿島 1 0-0 0 浦和

     1-0

80分・レアンドロ(鹿)

 <鹿島1-0浦和>

油断なき試合運び 勝ち星・勝ち点最多視野

 後半35分。一進一退の攻防が続いた引き締まった試合で、鹿島は浦和の隙(すき)を逃さなかった。

 中盤でボールを拾うと前線の選手が一斉に走った。右サイドで西がゴール前を見ると近いサイドに金崎、中央に鈴木。相手マークがずれ、一番遠いサイドにレアンドロがフリーで走り込んでいた。2人の頭上を越え、足元に落ちてきたクロスに「慌てず当てるだけ」とレ…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  2. 菊之助さん9日公演から復帰 「風の谷のナウシカ」上演中にけが

  3. ORICON NEWS 鈴木愛理、結婚で“同姓同名”の畠山愛理を祝福「なかなかない奇跡が嬉しい!」

  4. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです