メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

与党の質問、時間増必要? 国会論戦、政府と一体 英独は野党尊重

 <access>

 自民党が国会の質問時間について、議席数に応じて与党分を増やすよう要求している。政府と一体のはずの与党の質問時間を増やすことは、どれだけ妥当なことなのだろうか。【和田浩幸】

 「首相は答弁に立つたびに必ず(スーツの)ボタンをお掛けになる。礼儀を尽くしておられる姿、本当に好ましい」。今年3月の参院予算委員会で自民党の堂故茂氏がこう発言し、ネット上で「ヨイショ質問の最たる例」と話題になった。昨年11月の衆院内閣委では同党の谷川弥一氏が質問時間をもてあまし、般若心経を唱えて批判を浴びた。

 衆院での質問時間は自民党政権の2008年は「与党4、野党6」で配分していた。同党は09年に野党に転…

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1102文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 元広島・黒田さん、義援金1000万円寄付
  3. 茨城・大洗町 財政難で救急車老朽化も買い替えできず
  4. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  5. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]