トランプ米大統領

初来日 ゴルフ外交 トランプ氏「会員になりたい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相(左)とのゴルフでコースを歩くトランプ米大統領(右)。右から2人目は松山英樹選手=埼玉県川越市で2017年11月5日午後1時40分、西本勝撮影
安倍晋三首相(左)とのゴルフでコースを歩くトランプ米大統領(右)。右から2人目は松山英樹選手=埼玉県川越市で2017年11月5日午後1時40分、西本勝撮影

 トランプ米大統領は5日、安倍晋三首相と2020年東京五輪のゴルフ会場となる埼玉県川越市の霞ケ関カンツリー倶楽部(CC)でラウンドした。世界ランキング4位の松山英樹選手(25)も同伴した。関係者によると、ラウンドを終えてクラブハウスに戻ったトランプ氏は会員らから拍手で迎えられ、手を振って応じた。「なれるなら会員になりたい」と話したという。

 霞ケ関CCは東西2コースで36ホールある。両首脳がラウンドした東京五輪の会場となる東コースは貸し切りだったが、西コースは通常通りに霞ケ関CCの会員らがプレーしていた。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文639文字)

あわせて読みたい

注目の特集