メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カウントダウン

ラグビーW杯2019/下 守り強化、急ピッチ

 試合開始早々、日本代表のFWリーチ(東芝)とCTB立川(クボタ)が、オーストラリアのFWマクマホンに2人でチャージし、あおむけにした。前半4分にはFW布巻(パナソニック)が素早く間合いを詰めて相手のロックを倒した。

 4日に横浜・日産スタジアムであったテストマッチのオーストラリア戦。日本は30-63で屈したものの、10月に着任したプラムツリー・コーチの下で取り組む、前へ積極的に出て圧力をかける防御システムは一部機能した。SH田中(パナソニック)は「ダブルタックルや前に出て行けたところはあった。もっとターンオーバーを狙いたい」と言う。

 日本代表のジョセフ・ヘッドコーチは「防御が最大の課題」と強調する。2016年9月の就任以降、キック…

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文927文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです