メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル

島根の野鳥から陽性反応

 島根県は6日、松江市で発見された野鳥のコブハクチョウ1羽の死骸から、簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。

     鳥取大で確定検査をし、約1週間で結果が判明する。環境省によると、陽性が確定すれば、国内で今季初めての鳥インフルエンザの発生確認となる。【長宗拓弥】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
    2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
    3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
    4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
    5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]