メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

新設3施設見直し 整備費増え削減361億円に

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて工事が進む有明アリーナ建設予定地(手前)=東京都江東区で2017年8月24日午後2時27分、本社ヘリから

 2020年東京五輪・パラリンピックで東京都が整備する新設の3施設について、小池百合子知事が会場の見直し作業で昨年12月に最大427億円削減するとしてきたが、その後の都の再検討で整備費が66億円増え、削減額は361億円にとどまることが分かった。

 関係者によると、339億円としてきたバレーボール会場の「有明アリーナ」(江東区)は屋根や外壁工事、エレベーターの仕様変更などにより18億円増の357億円になる見込み。また、298億円としてきた…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです