東京五輪

新設3施設見直し 整備費増え削減361億円に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて工事が進む有明アリーナ建設予定地(手前)=東京都江東区で2017年8月24日午後2時27分、本社ヘリから
2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて工事が進む有明アリーナ建設予定地(手前)=東京都江東区で2017年8月24日午後2時27分、本社ヘリから

 2020年東京五輪・パラリンピックで東京都が整備する新設の3施設について、小池百合子知事が会場の見直し作業で昨年12月に最大427億円削減するとしてきたが、その後の都の再検討で整備費が66億円増え、削減額は361億円にとどまることが分かった。

 関係者によると、339億円としてきたバレーボール会場の「有明アリーナ」(江東区)は屋根や外壁工事、エレベーターの仕様変更などにより18億円増の357億円になる見込み。また、298億円としてきた…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

あわせて読みたい

ニュース特集