メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏

「なれるなら会員になりたい」霞ケ関CCで

安倍晋三首相(左)とのゴルフでコースを歩くトランプ米大統領(右)。右から2人目は松山英樹選手=埼玉県川越市で2017年11月5日午後1時40分、西本勝撮影

 トランプ米大統領は5日、安倍晋三首相と2020年東京五輪のゴルフ会場となる埼玉県川越市の霞ケ関カンツリー倶楽部(CC)でラウンドした。世界ランキング4位の松山英樹選手(25)も同伴した。関係者によると、ラウンドを終えてクラブハウスに戻ったトランプ氏は会員らから拍手で迎えられ、手を振って応じた。「なれるなら会員になりたい」と話したという。

 1929年に創設され、普段は閑静な名門コースの周辺は厳戒な警備が敷かれた。霞ケ関CCは東西2コースで36ホールある。両首脳がラウンドした東京五輪の会場となる東コースは貸し切りだったが、西コースは通常通りに霞ケ関CCの会員らがプレーしていた。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです