メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏

「なれるなら会員になりたい」霞ケ関CCで

安倍晋三首相(左)とのゴルフでコースを歩くトランプ米大統領(右)。右から2人目は松山英樹選手=埼玉県川越市で2017年11月5日午後1時40分、西本勝撮影

 トランプ米大統領は5日、安倍晋三首相と2020年東京五輪のゴルフ会場となる埼玉県川越市の霞ケ関カンツリー倶楽部(CC)でラウンドした。世界ランキング4位の松山英樹選手(25)も同伴した。関係者によると、ラウンドを終えてクラブハウスに戻ったトランプ氏は会員らから拍手で迎えられ、手を振って応じた。「なれるなら会員になりたい」と話したという。

 1929年に創設され、普段は閑静な名門コースの周辺は厳戒な警備が敷かれた。霞ケ関CCは東西2コースで36ホールある。両首脳がラウンドした東京五輪の会場となる東コースは貸し切りだったが、西コースは通常通りに霞ケ関CCの会員らがプレーしていた。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 全国移動は6月19日からOK 政府、経済活動再開の指針公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです