メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レバノン

首相が辞任表明 「命狙われてる」身の安全優先

 【カイロ篠田航一】レバノンのハリリ首相は4日、訪問先のサウジアラビアでテレビ演説し、突然の辞任を表明した。理由について「私の命を狙う秘密の計画がある」と述べ、身の安全を優先する考えを示した。同氏と対立するイランの影響力の伸長も背景として指摘した。中東の衛星テレビ局アルアラビーヤなどが伝えた。

 ハリリ氏の父親ラフィク・ハリリ元首相は2005年、首都ベイルートで起きた爆弾テロで暗殺されており、ハリリ氏は演説で「現在は当時の事件前と似た状況にある」と語った。ベイルートでは数日前、ハリリ氏の車列を狙った暗殺計画が阻止されていたという。

 ハリリ氏は09~11年に首相を務め、昨年12月から再登板。レバノンでは多くの宗教・宗派が混在する中…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文697文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです