メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

早大卒業生ら設立「あくと」 すれちがい「演技」で解決

JR山手線の車内であった出来事を再現し、体験するスタッフや観客たち=東京都新宿区の早稲田小劇場どらま館で

 相手の気持ちを理解できずにトラブルになってしまった……。そんな経験がある人も多いのではないだろうか。日常生活で起こりうるさまざまな心のすれちがいを「演技」という手段で解決する取り組みをしている団体がある。「actあくと~他者の支えになる演劇プロジェクト」。10月13日に早稲田小劇場どらま館(東京都新宿区)で行われた公演「他者になる」を取材した。

 「あくと」は2014年、早稲田大学の「社会貢献のためのクリエイティブな発想と実践」という講義を受講…

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1078文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです