メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉聡氏=藤井太郎撮影

 ◆自然科学部門 『歌うカタツムリ』(岩波書店・1728円)

らせんを描く論争の歴史

 「この本の編集、出版に関わったすべての人たちとのチームでの受賞だと思っています」。控えめに喜びを語る。受賞作は、カタツムリを中心に生物進化の研究史を描いたもの。明快で流れるような筆の運びが印象的だ。「カタツムリという個別のテーマを通して、進化という普遍的な課題を研究者たちがいかに解明しようとしてきたのか、科学的なものの考え方とはどういうものかを読者に示そうとしました」

 大学院修士課程の時に、小笠原諸島のカタツムリの研究を始めた。以来30年余り、北はシベリアから南はニ…

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1069文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです