メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

温泉熱発電所

地産地消目指す 高山で起動式 /岐阜

発電機の起動ボタンを押す関係者=高山市奥飛騨温泉郷一重ケ根で

 高山市奥飛騨温泉郷一重ケ根に、温泉熱を利用した「奥飛騨第1バイナリー発電所」が完成し、起動式が6日行われた。

 奥飛騨宝温泉協同組合が掘り直した源泉の湯を利用し、熱交換機で発生させた蒸気でタービンを回して発電する。源泉は地下300メートル地点で約160度、地表で120度あり、組合加盟者には70度ほど…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文374文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  3. 選挙 都民フ候補、全員が落選 練馬区議補選
  4. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  5. ことば 健康保険組合

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]