おわせ魚まつり

4500人の人出 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
カマスの干物作りに挑戦する児童たち=尾鷲市港町で
カマスの干物作りに挑戦する児童たち=尾鷲市港町で

 「おわせ魚まつり」が4日、尾鷲市港町の尾鷲漁協魚市場であり、市内外から4500人の人出でにぎわった。尾鷲港産地協議会主催で7回目。

 水揚げされたばかりの小アジやツバスなどの鮮魚販売や競り市、マグロの解体ショーがあった。定置網漁業の体験会や、干物作り、タイの三枚おろし教室も開かれた。親子でカマスの干…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文320文字)

あわせて読みたい

注目の特集