メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

纒向遺跡

方形周溝墓、新たに3基 桜井市教委「墓域の一つ 明確に」 /奈良

方形周溝墓が見つかった発掘現場。人が立っている3カ所でそれぞれ確認された=奈良県桜井市辻で、矢追健介撮影

 桜井市教委は6日、纒向(まきむく)遺跡の一角にあたるJR巻向駅南側の同市立纒向小学校跡地で、3世紀の方形周溝墓3基が新たに見つかったと発表した。周辺では過去に前方後方墳「メクリ1号墳」(全長28メートル)や複数の墓が見つかっている。同市教委は「一帯が纒向遺跡の墓域の一つであることが、より明確になった」としている。【矢追健介】

 現場は箸墓古墳から北約500メートル。纒向遺跡の保存・活用のため、市が2020年度末完成を目指すガ…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです