日米首脳会談

貿易赤字、次の矛先は 日本、「米国第一」警戒

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 トランプ米大統領は首脳会談で対日貿易赤字の是正を迫ったものの、日本と米国の2国間の自由貿易協定(FTA)には言及しなかった。米国との2国間交渉となれば、日本は一層の市場開放を要求される可能性が高いだけに、政府関係者はひとまず安堵(あんど)している。ただ2国間交渉で貿易赤字の削減を迫るトランプ氏の手法は不変。米国側は準備が整えば、FTA交渉を求める圧力を強めそうだ。

 「貿易赤字を減らし、公平な貿易を行いたい」。トランプ氏は6日、安倍晋三首相との首脳会談の冒頭で貿易不均衡問題に言及し、対日貿易赤字の是正に強い関心を示した。

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文805文字)

あわせて読みたい

注目の特集