トランプ米大統領

アジア歴訪 中国「新大国関係に」 北朝鮮・経済、共同歩調へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【北京・浦松丈二】中国は8日からのトランプ米大統領の初訪中を米中の「新型大国関係」につなげる戦略を描く。その一歩として、北朝鮮の核・ミサイル問題と米中の通商問題の2本柱で米中両大国の共同歩調を演出する構えだ。

 北朝鮮問題について、中国外務省の華春瑩(かしゅんえい)副報道局長は6日の定例記者会見で「中国は大国の役割と責任を果たしている」と強調。トランプ氏と安倍晋三首相が6日の会談で、中国が重要な役割を発揮する必要があるとの共通認識に達したことについても、「中国がなすべき事を指示してもらう必要はない。中国は外交解決のために努力を…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文666文字)

あわせて読みたい

注目の特集