連載

どうぶつ

ペットと人間の「より良い関係」を掘り下げます。

連載一覧

どうぶつ

家庭の食事、犬に与えていい?

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「お座り」をして、えさを待つケアーンテリア。食事は犬にとっても楽しみな時間だ=銅崎順子撮影
「お座り」をして、えさを待つケアーンテリア。食事は犬にとっても楽しみな時間だ=銅崎順子撮影

 ドッグフードに食材を加えた「ちょい足しごはん」や、家庭で作った食事を犬に与えている飼い主は意外に多い。人間が食べているものを、どこまで食べさせていいのか。グラース動物病院(東京都杉並区)の小林豊和院長(54)に聞いた。

 ●家族と同じだから

 「獣医さんが教えるかんたん、安全、そしておいしい!手作り愛犬ごはん」(主婦の友社)を監修した小林さんは「栄養学的には市販のドッグフードと水を与えていれば十分」と指摘しながらも、「犬にも食べる楽しみ、喜びはあるので、それだけでは寂しく感じる。家族と同じ存在だから、さまざまなものをバランスよく食べさせてやりたい、と思う飼い主の気持ちは分かる」。人間の食べ物を与えるなんて、と否定的にとらえる人もいるが、飼い主の責任で食べさせるなら問題ないと理解を示す。

この記事は有料記事です。

残り1166文字(全文1512文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集