メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
どうぶつ

家庭の食事、犬に与えていい?

「お座り」をして、えさを待つケアーンテリア。食事は犬にとっても楽しみな時間だ=銅崎順子撮影

 ドッグフードに食材を加えた「ちょい足しごはん」や、家庭で作った食事を犬に与えている飼い主は意外に多い。人間が食べているものを、どこまで食べさせていいのか。グラース動物病院(東京都杉並区)の小林豊和院長(54)に聞いた。

 ●家族と同じだから

 「獣医さんが教えるかんたん、安全、そしておいしい!手作り愛犬ごはん」(主婦の友社)を監修した小林さんは「栄養学的には市販のドッグフードと水を与えていれば十分」と指摘しながらも、「犬にも食べる楽しみ、喜びはあるので、それだけでは寂しく感じる。家族と同じ存在だから、さまざまなものをバランスよく食べさせてやりたい、と思う飼い主の気持ちは分かる」。人間の食べ物を与えるなんて、と否定的にとらえる人もいるが、飼い主の責任で食べさせるなら問題ないと理解を示す。

この記事は有料記事です。

残り1166文字(全文1512文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです