メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保理

ロヒンギャ難民に「深刻な懸念」…議長声明を採択

 【ニューヨーク國枝すみれ】国連安全保障理事会は6日、ミャンマー西部ラカイン州の少数派イスラム教徒ロヒンギャが難民化している問題について、ミャンマー政府に同州で過度な軍事力使用を抑制することを求める議長声明をまとめた。

     声明は、ラカイン州で悪化する人権状況と避難民の増加に「深刻な懸念」を示した。また、ミャンマー政府が難民の自発的な帰還に向け、バングラデシュや国連、援助機関と協力することに合意したことを歓迎している。安保理は情勢を注視し続け、事務総長が30日後に現状報告する。

     米英仏などは法的拘束力を持つ安保理決議の採択を目指したが、拒否権を持つ中国やロシアの反対が強く、議長声明の採択で落ち着いた。議長声明の採択は安保理理事国全15カ国の賛成が必要。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    2. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
    3. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
    4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    5. 西日本豪雨 真備の死者9割が自宅で 高齢で2階上がれず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]