メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南スーダン

食糧不足、再び飢饉の恐れ 報告書で警告

ワクチン接種を受ける南スーダンの幼児=エチオピア西部ガンベラ州の難民キャンプで10月24日、ロイター

 【ヨハネスブルク小泉大士】国連と南スーダン政府は6日、内戦が続く同国の食糧不足が改善せず、2018年に再び飢饉(ききん)が発生する恐れがあると報告書で警告した。9月に収穫期に入り食糧不足の住民は600万人から480万人に減るとみられるが、前年同期比で140万人多い。食糧備蓄は例年より3カ月程度早く…

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文308文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 京アニ社長「容疑者と面識なし」「建物取り壊す」 過去の作画、資料ほぼ全て焼損
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 大雨警戒レベルを5段階に 危険度分かりやすく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです