南スーダン

食糧不足、再び飢饉の恐れ 報告書で警告

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ワクチン接種を受ける南スーダンの幼児=エチオピア西部ガンベラ州の難民キャンプで10月24日、ロイター
ワクチン接種を受ける南スーダンの幼児=エチオピア西部ガンベラ州の難民キャンプで10月24日、ロイター

 【ヨハネスブルク小泉大士】国連と南スーダン政府は6日、内戦が続く同国の食糧不足が改善せず、2018年に再び飢饉(ききん)が発生する恐れがあると報告書で警告した。9月に収穫期に入り食糧不足の住民は600万人から480万人に減るとみられるが、前年同期比で140万人多い。食糧備蓄は例年より3カ月程度早く…

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文308文字)

あわせて読みたい

ニュース特集