メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青酸連続殺人

筧千佐子被告に死刑判決 京都地裁

筧千佐子容疑者=望月亮一撮影

 近畿3府県で起きた青酸化合物による連続殺人事件で、高齢男性4人に対する殺人などの罪に問われた筧(かけひ)千佐子被告(70)=京都府向日市=の裁判員裁判の判決公判で、京都地裁は7日、求刑通り死刑を言い渡した。3件の殺人罪、1件の強盗殺人未遂罪の成立を全て認め、中川綾子裁判長は「金銭欲のために人命を軽視し悪質で、結果は極めて重大。極刑を選択せざるを得ない」と述べた。認知症については「軽症で供述は信用できる」などとした。全面無罪を主張していた弁護側は即日控訴した。

 中川裁判長は主文を後回しにして判決理由を朗読し、4事件について順に判決理由を読み上げた。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文949文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです