メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青酸連続殺人

筧千佐子被告に死刑判決 京都地裁

筧千佐子容疑者=望月亮一撮影

 近畿3府県で起きた青酸化合物による連続殺人事件で、高齢男性4人に対する殺人などの罪に問われた筧(かけひ)千佐子被告(70)=京都府向日市=の裁判員裁判の判決公判で、京都地裁は7日、求刑通り死刑を言い渡した。3件の殺人罪、1件の強盗殺人未遂罪の成立を全て認め、中川綾子裁判長は「金銭欲のために人命を軽視し悪質で、結果は極めて重大。極刑を選択せざるを得ない」と述べた。認知症については「軽症で供述は信用できる」などとした。全面無罪を主張していた弁護側は即日控訴した。

 中川裁判長は主文を後回しにして判決理由を朗読し、4事件について順に判決理由を読み上げた。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文949文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです