大分県弁護士会

「村八分やめなさい」人権侵害の是正勧告

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大分県弁護士会は6日、就農のため県北部の出身地の集落(14世帯)にUターンした男性の世帯に対し、集落全体で「村八分」をしているとして、村八分をやめるよう是正勧告したと発表した。

 弁護士会によると、男性は母親の介護のため、2009年に関西からUターンしたが、11年ごろ、農地開拓の補助金の支払われ方に疑問を呈し住民とトラブルになった。母の死後の13年、集落は会議を開き男性を自治会の構成員に入れないと決定。その後、…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

あわせて読みたい

ニュース特集