メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

座間9遺体 「事件前にネットで遺体解体方法を調べた」

白石隆浩容疑者=佐々木順一撮影

容疑者が供述 のこぎりなどの道具を事前に準備

 神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)が事件を起こす前に、インターネットで遺体の解体方法を調べていたことが捜査関係者への取材で分かった。のこぎりなどの道具を事前に準備していたことも判明。警視庁捜査1課は白石容疑者が計画的に準備を進めていたとみている。

 捜査関係者によると、白石容疑者はスマートフォンなどでインターネットのサイトにアクセスし、解体の方法を調べていた。

 アパートの現場検証では、血の付いたのこぎり2本や替え刃、刃こぼれしたナタなどが見つかった。またロープや結束バンドなど被害者の拘束に使用したとみられるものもあった。白石容疑者は「事件のために準備した」などと供述しているという。

 解体は浴室で行ったと供述し、水栓のハンドルやシャワーヘッドなどから血痕が見つかった。「最初に殺害した遺体は3日くらいかかったが、その後は早くできるようになった」とも供述している。【深津誠、春増翔太、山本佳孝】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
  2. 日馬富士暴行 貴乃花親方、協会と溝深く 黙して語らず
  3. どうすれば安全安心 夜に何度も目が覚める 1カ月続いたら受診を
  4. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
  5. 日馬富士暴行 「堂々巡りだから」貴乃花親方、法的手段も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]