阪大

血液のがん 新型の免疫療法開発 19年度にも治験

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 血液のがんの一種「多発性骨髄腫」に効果的な新型のがん免疫療法を、大阪大の保仙(ほせん)直毅准教授(腫瘍免疫学)らのチームが開発した。骨髄腫の細胞表面にあるたんぱく質の構造を生かした手法で、ヒトの培養細胞やマウスの実験で効果を確認した。成果は米科学誌ネイチャー・メディシンの電子版に7日、掲載された。チームは2019年度にもヒトでの治験を始めたいとしている。

 開発した治療法は、免疫細胞のT細胞を遺伝子操作してがんへの攻撃力を高め、患者に戻す「CAR-T(カーティー)細胞療法」の一つ。米国では急性リンパ性白血病への治療法として今夏に承認されている。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文560文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集