メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

清野とおるさん

 作品の中で描いていますが、赤羽という街では、普通なら起こりえないようなことに考えられないくらい頻繁に出合う。

 例えば、ホームレスの女性に話しかけられて、自作の歌を録音したテープをもらう、とか。それがとてつもなく衝撃的な歌で、その後も彼女が書いた詩のようなものをもらったりして、僕の方からファンになったようなものです。この3年ほど見かけていないのですが、どうしているんでしょうね。今、60歳前後だと思いますが。

 先日は、作品に何度も登場する居酒屋のマスターから連絡がありました。いきなり電話をかけてきて、「じゃ…

この記事は有料記事です。

残り1506文字(全文1761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今年の漢字は「令」 清水寺で揮毫

  2. 「勉強教える」 小学校内で児童にわいせつ疑い 講師を逮捕 大阪・門真

  3. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  4. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  5. 和泉首相補佐官、出張中に私的観光 官房長官「私費で移動」問題視せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです