メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

清野とおるさん

 作品の中で描いていますが、赤羽という街では、普通なら起こりえないようなことに考えられないくらい頻繁に出合う。

 例えば、ホームレスの女性に話しかけられて、自作の歌を録音したテープをもらう、とか。それがとてつもなく衝撃的な歌で、その後も彼女が書いた詩のようなものをもらったりして、僕の方からファンになったようなものです。この3年ほど見かけていないのですが、どうしているんでしょうね。今、60歳前後だと思いますが。

 先日は、作品に何度も登場する居酒屋のマスターから連絡がありました。いきなり電話をかけてきて、「じゃ…

この記事は有料記事です。

残り1506文字(全文1761文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  2. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]