メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

POPSこぼれっ話

石川さゆり 日本を元気にする歌を

 「私のどんな歌が聴きたいの?」

 こんな質問をさらりと発する歌手は、石川さゆりをおいてほかにない。石川は、いつも最高を求め、そこに向かってまい進している時、それが苦難であっても、満足そうな笑みを浮かべている。そして、目的の何かをやっとのことで手に入れると、どこか不満そうになる。それは、思い通りの歌唱かもしれないし、組みたい作詞作曲のチームかもしれないし、何かの賞かもしれない。石川は、ある意味貪欲であり、ある面寂しがり屋なのだ。

 そんな石川は、45周年の今年、どこか、満足と不満の境目にいるようだ。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文934文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです