メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

POPSこぼれっ話

石川さゆり 日本を元気にする歌を

 「私のどんな歌が聴きたいの?」

 こんな質問をさらりと発する歌手は、石川さゆりをおいてほかにない。石川は、いつも最高を求め、そこに向かってまい進している時、それが苦難であっても、満足そうな笑みを浮かべている。そして、目的の何かをやっとのことで手に入れると、どこか不満そうになる。それは、思い通りの歌唱かもしれないし、組みたい作詞作曲のチームかもしれないし、何かの賞かもしれない。石川は、ある意味貪欲であり、ある面寂しがり屋なのだ。

 そんな石川は、45周年の今年、どこか、満足と不満の境目にいるようだ。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです