メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

劇のうねり、光と影で

 劇空間の創造に欠かせない舞台照明。沢田祐二はその第一人者として、演劇、ミュージカル、オペラ、バレエと幅広いジャンルで照明デザインを手がける。10月は新作歌舞伎、11月は新国立劇場のバレエや、東京・日生劇場のオペラと息つく暇もない。

 「演じられている状況から光の方向、質、強弱、色彩を感じ取って、その場面にもっともふさわしい照明で劇空間の中にいかに役者を立ち上がらせるかをいつも考えています」と語る。

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1206文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. 女性遺体を福島に遺棄容疑、27歳男逮捕 警視庁
  3. 死体遺棄 女性、28日帰宅後不明 警視庁、容疑者を殺害で追及
  4. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  5. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです