メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

劇のうねり、光と影で

 劇空間の創造に欠かせない舞台照明。沢田祐二はその第一人者として、演劇、ミュージカル、オペラ、バレエと幅広いジャンルで照明デザインを手がける。10月は新作歌舞伎、11月は新国立劇場のバレエや、東京・日生劇場のオペラと息つく暇もない。

 「演じられている状況から光の方向、質、強弱、色彩を感じ取って、その場面にもっともふさわしい照明で劇空間の中にいかに役者を立ち上がらせるかをいつも考えています」と語る。

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1206文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  2. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  3. IHI 埼玉に新整備工場 航空エンジン強化
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. 森友学園 籠池夫妻が著書「権力に負けぬ」と首相夫人批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです