メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

「吉例 顔見世大歌舞伎」 俳優陣、至芸の数々堪能を=評・小玉祥子

 芝居好きには心からおすすめしたい興行。昼、夜とも俳優の至芸の数々を堪能できる。

 昼の最初が「鯉(こい)つかみ」。染五郎が鯉の精の化身と若侍を演じ分ける娯楽性の高い一幕。

 中幕が「奥州安達原 環宮明御殿」。吉右衛門の貞任が弾圧にあらがう思いを鋭いセリフで聞かせ、勇壮な男が娘にすがられて心を揺らし、女房袖萩(雀右衛門)の死に涙する姿を鮮烈に見せた。雀右衛門に哀れさがあり、歌六、東蔵、又五郎、錦之助と周囲もそろう。

 最後が「直侍」。そば屋での周囲を気づかうようす、大口屋寮での三千歳(時蔵)との色模様など菊五郎の直次郎は細部まで隙(すき)なく描き出す。時蔵は直次郎への強い思いを感じさせる。東蔵の丈賀、団蔵の丑松がいい味わい。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  5. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです