メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ◆人文・社会部門 『ゲンロン0 観光客の哲学』(ゲンロン・2484円)

「友」「敵」経ない普遍性

 受賞作は、「観光客」的な態度で、「無責任に見えても、いろんなことに首を突っ込んでみよう」と論じる哲学書だ。20代からの考察の、現時点での結論である。

 従来の哲学は、たとえば、世界を「友」(共同体の内)と「敵」(外)に分けるのが政治であり、人間が普遍性を持った「人間」に成熟する条件だとしてきた。

 確かに、今の政治や社会も、「反安倍晋三首相か、親首相か」「脱原発か否か」など、無数に「友」と「敵」…

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1058文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  3. 仏国鉄スト 国民、生活の不便さ許容 「闘争」見守る
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]