メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪民営バス

道険し 地下鉄と来年4月 借金清算で再出発、厳しい利用増

大阪市営地下鉄・バス事業民営化後の姿

 大阪市営地下鉄の民営化(2018年4月)に合わせ、90年の歴史があるバスも市営でなくなる。廃止される市交通局は、バス事業が抱える700億円近い負債のうち貸付金・出資金計約502億円の債権を放棄。残りも優良事業の地下鉄が負担して新会社に引き継がず、身ぎれいにして再出発する算段だが、人口減少などで都市部のバス事業の展望は見通せないのが実情だ。【岡崎大輔】

 市営バスは1927年開業で総営業距離は441キロ(16年3月末)。民営化基本方針では市交通局が現在100%株を保有する大阪シティバス株式会社に全路線を譲渡し、地下鉄新会社と市が一定割合で株を保有する。

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1103文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 光秀の先祖? 「明智」姓が記された鎌倉時代の古文書発見 岐阜・多治見

  4. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  5. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです