メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪民営バス

道険し 地下鉄と来年4月 借金清算で再出発、厳しい利用増

大阪市営地下鉄・バス事業民営化後の姿

 大阪市営地下鉄の民営化(2018年4月)に合わせ、90年の歴史があるバスも市営でなくなる。廃止される市交通局は、バス事業が抱える700億円近い負債のうち貸付金・出資金計約502億円の債権を放棄。残りも優良事業の地下鉄が負担して新会社に引き継がず、身ぎれいにして再出発する算段だが、人口減少などで都市部のバス事業の展望は見通せないのが実情だ。【岡崎大輔】

 市営バスは1927年開業で総営業距離は441キロ(16年3月末)。民営化基本方針では市交通局が現在100%株を保有する大阪シティバス株式会社に全路線を譲渡し、地下鉄新会社と市が一定割合で株を保有する。

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1103文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「こんな日が来るとは」 大相撲・大栄翔の埼玉出身力士初Vに県民歓喜

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです