メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原爆の図丸木美術館

50周年 「絵に巻き込まれる」 高畑勲さん・ビナードさん対談 /埼玉

スクリーンに映し出された「原爆の図」第1部「幽霊」(部分)を前に語り合う高畑勲さん(右)とアーサー・ビナードさん(中央)ら=さいたま市浦和区で

 被爆の悲惨さを伝える「原爆の図」を所蔵する「原爆の図丸木美術館」(東松山市)の開館50周年を祝う集いがこのほど、さいたま市浦和区の埼玉会館で開かれ、450人が参加した。アニメ映画「火垂(ほた)るの墓」を監督した高畑勲さん(82)と詩人のアーサー・ビナードさん(50)が「原爆の図」の魅力を語り合った。

 「原爆の図」は、画家の丸木位里(いり)(1901~95年)、俊(とし)(1912~2000年)夫妻…

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1084文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]