メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原爆の図丸木美術館

50周年 「絵に巻き込まれる」 高畑勲さん・ビナードさん対談 /埼玉

スクリーンに映し出された「原爆の図」第1部「幽霊」(部分)を前に語り合う高畑勲さん(右)とアーサー・ビナードさん(中央)ら=さいたま市浦和区で

 被爆の悲惨さを伝える「原爆の図」を所蔵する「原爆の図丸木美術館」(東松山市)の開館50周年を祝う集いがこのほど、さいたま市浦和区の埼玉会館で開かれ、450人が参加した。アニメ映画「火垂(ほた)るの墓」を監督した高畑勲さん(82)と詩人のアーサー・ビナードさん(50)が「原爆の図」の魅力を語り合った。

 「原爆の図」は、画家の丸木位里(いり)(1901~95年)、俊(とし)(1912~2000年)夫妻が共同で描いた。1945年8月6日に広島へ原爆が落とされた後、位里の実家がある広島に夫妻で1カ月間ほど滞在。この体験に基づき1950~82年に計15部を描き、国内外で巡回展が開かれてきた。

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです