メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「ゴッホ~最期の手紙~」 兵庫の画家・古賀さん参加 日本から唯一 動く油絵6万2450枚 /大阪

ゴッホの魅力に触れ「勉強になった」と話す古賀陽子さん=兵庫県西宮市内で、亀田早苗撮影

 映画「ゴッホ~最期の手紙~」(2017年、英・ポーランド、96分)が大阪市北区の大阪ステーションシティシネマなどで公開されている。ゴッホの絵が動き出したようなアニメーション。各国の画家125人による計6万2450枚もの油絵が使われた。日本から唯一、画家の古賀陽子さん(31)=兵庫県西宮市=が参加した。

 映画はゴッホの死後から始まる。弟宛ての手紙が見つかったのをきっかけに、ゴッホの友人だった郵便配達人…

この記事は有料記事です。

残り930文字(全文1132文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  2. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]