メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明洋中吹奏楽部

「1年の集大成、全力で」 18日に演奏会 OB・OGと共演 田辺 /和歌山

第20回記念プロムナードコンサートに向けて練習する吹奏楽部員とOB・OGら=和歌山県田辺市目良の市立明洋中学で、藤田宰司撮影

 田辺市立明洋中学吹奏楽部は18日、第20回記念プロムナードコンサートを紀南文化会館(同市新屋敷町)で開く。部長の3年、古久保宇紅(のあ)さん(15)は「1年間の集大成として全力で演奏し、OB・OGの先輩たちと一緒に盛り上げたい」と意気込んでいる。

 部員は38人。県アンサンブルコンテスト金賞・県代表(1月)、関西アンサンブルコンテスト銅賞(2月)、県吹奏楽コンクール銀賞(8月)などの好成績を収めている。

 古久保部長は「元気の良さが持ち味。美しい演奏をするために自分たちの心を磨こうと、校内の掃除をしてから練習に入る」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです