メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島の今

知事選2017/上 中山間地 進む高齢化、荒れ地 就農者の育成、支援模索 /広島

研修農場でナスを育てる河合宏昭さん=広島県三次市で、竹内麻子撮影

 ススキが生え、荒れた棚田が目立つ三次市上田町の山あいの集落。「この谷には家が16軒あって米を作っていたが今は4軒しかない。自分がやめたらここの農業は終わりだ」。3代にわたり米を育て土地を守ってきた保井照明さん(76)は寂しそうに話す。2人の子供は跡を継がず、家を出た。「昔に比べ米単価が低いし、手間がかかりすぎるから仕方ない」。現在は米作りはやめ、一部の土地でナスやピーマンを育てながら年金生活を送る。

この記事は有料記事です。

残り941文字(全文1143文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

  4. 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです