メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業拠出金

一般保育所に 政府、整備へ転用検討

 政府は、保育の受け皿整備に向けて企業に拠出増額を求めている社会保険の「子ども・子育て拠出金(事業主拠出金)」について、使い道を拡大する検討に入った。現在は、企業が主に従業員向けに作る「企業主導型保育所」の助成費などに限られているが、一般の認可保育所などの整備にも活用できるようにする。関連法の改正に向けて経済界と調整を進める。(3面に「質問なるほドリ」)

 安倍晋三政権は、幼児教育・保育の無償化や待機児童対策を進めるため、年内に2兆円規模の政策パッケージをまとめる方針を打ち出している。財源は、消費税率10%への引き上げの増収分のうち1・7兆円程度を充てるほか、企業の拠出金を3000億円程度増やして賄う方針だ。企業側は現在、約4000億円を拠出しており、負担額は合計で7000億円程度となる見込み。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです