育休

長期で仕事に意欲 厚労省調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は7日、仕事と育児の両立に関し、企業と労働者に実施した調査の結果を公表した。労働者への調査では、育児のための休みを長く取った人は育児への参加や仕事への意欲の高まりがうかがえた。

 調査は外部委託により、企業635社(有効回答数)と、末子が1~3歳で20~40代の男女計約3000人に対し、それぞれ9~10月に実施した。

 企業への調査で、育児休業を取ったことのある男性正社員は4・2%。「0%」と答えた企業も9割近くあった。女性正社員は95・2%が取っていた。男性社員に対して育児参加を促す取り組みについては85%が「特に実施していない」と回答。女性に対する両立支援の必要性を感じている企業は80・9%に上ったのに対し、男性に対して感じている企業は55・9%にとどまった。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文684文字)

あわせて読みたい

注目の特集