メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

英語教育のあり方

バトラー後藤裕子氏

 日本の英語教育が大きく変わろうとしている。文部科学省は2020年度から小学校高学年の英語を正式教科にする。大学入試センター試験に代わる「大学入学共通テスト」では民間試験を活用して、「聞く・話す・読む・書く」の4技能を測る方針だ。グローバル化が進む現代社会。日本にふさわしい英語教育はどうあるべきか。

会話力偏重なら格差拡大 バトラー後藤裕子・米ペンシルベニア大准教授

 言語政策は、国など行政が主導するトップダウン型と、児童・生徒や保護者、教師など当事者中心のボトムア…

この記事は有料記事です。

残り4318文字(全文4551文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  4. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  5. 三井不動産 「名古屋三井ビル北館」着工を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]