メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

英語教育のあり方

バトラー後藤裕子氏

 日本の英語教育が大きく変わろうとしている。文部科学省は2020年度から小学校高学年の英語を正式教科にする。大学入試センター試験に代わる「大学入学共通テスト」では民間試験を活用して、「聞く・話す・読む・書く」の4技能を測る方針だ。グローバル化が進む現代社会。日本にふさわしい英語教育はどうあるべきか。

会話力偏重なら格差拡大 バトラー後藤裕子・米ペンシルベニア大准教授

 言語政策は、国など行政が主導するトップダウン型と、児童・生徒や保護者、教師など当事者中心のボトムア…

この記事は有料記事です。

残り4318文字(全文4551文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「くれぐれも飲み過ぎない」 ビザなし交流で注意 丸山議員発言で警戒
  2. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  3. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. 熊谷36.2度 全国16地点で猛暑日に 15都道県に高温注意情報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです