日米首脳

ゴルフ外交、記録化議論 通訳介さぬ場面も 野党は問題視

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相とトランプ米大統領が5日にゴルフをした際に交わした発言を、外交記録としてどう残すかが議論になっている。菅義偉官房長官は7日の記者会見で「一般論として言えば、記録に残す必要のある外交上のやり取りは残すのが通常だ」と述べた。ただ、外務省幹部は「同行した通訳が全部を聞き取れたわけではない」と説明。首脳間の親密な関係と、記録の必要性が相反する可能性が浮き彫りになった。

 外務省は通常、首脳間の発言を文書で記録。原則、作成後30年を経た文書を定期的に公開している。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文476文字)

あわせて読みたい

注目の特集