メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

点字ブロック、設置50年 地方への普及促進を=高橋祐貴(岡山支局)

点字ブロックが途中ではがれたり、はがれかけたりしている駅のホーム=岡山県津山市のJR美作加茂駅で2月、高橋祐貴撮影

 岡山で世界初の点字ブロック(視覚障害者誘導用ブロック)が敷設され、今年で50年。節目の年に合わせ、私はその誕生や普及への道のりを取材してきた。視覚障害者の歩行の安全を支えようとする関係者の並々ならぬ努力があり、点字ブロックは今や世界150カ国以上に広がっている。同時に今なお、国内の都市部と地方で普及に大きな格差があることも知った。設置を後押しする法律がないこともあり、利用者の少ない駅は置き去りになっている。

この記事は有料記事です。

残り1872文字(全文2078文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです