トヨタ

営業益2兆円 円安効果、2年ぶり増益 3月期予想

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中間決算を発表する永田理副社長=東京都文京区で7日、和田大典撮影
中間決算を発表する永田理副社長=東京都文京区で7日、和田大典撮影

 トヨタ自動車は7日、2018年3月期連結決算(米国会計基準)の業績予想を上方修正し、本業のもうけを示す営業利益の見通しを従来予想より1500億円多い2兆円に引き上げた。想定より円安が進んでいることが主因。17年3月期の営業利益から0・3%の微増で、営業減益とした従来予想から一転、2年ぶりの営業増益を見込んだ。

 同日発表した17年9月中間連結決算は、北米市場の苦戦が響き、営業利益は前年同期比1・8%減の1兆965億円で、中間期としては2年連続の営業減益だった。売上高は8・6%増の14兆1912億円、最終(当期)利益は13・2%増の1兆713億円。

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1130文字)

あわせて読みたい

注目の特集