メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

行政文書

指針案 外部との協議、発言確認 すり合わせ懸念

 森友・加計学園の問題を巡ってずさんな文書管理が批判されたことを受け、政府が作成している行政文書管理に関する新たなガイドライン案が判明した。省庁が、省庁間や外部と協議する際には相手の発言内容を確認してから議事録を作るように求めている。しかし、確認作業が煩雑になるため、双方で内容をすり合わせるなどして、実際には主張が食い違う記録を残さないことが懸念される。

 ガイドラインは公文書管理法に基づき、政府が文書の取り扱い指針を各省庁に示すもの。来春をめどに全面改…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです