メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

精神障害者の配偶者支える輪

地域精神保健福祉機構(COMHBO)の会合で、精神に障害がある人の配偶者への支援について話す前田直・杏林大助教=大阪市で10月7日、COMHBO提供

 精神障害者の配偶者・パートナーらが集まって話を聞き合う活動が広がりつつある。家族会は従来、親が中心だったが、配偶者は抱える問題が異なる。同じ境遇の人が支え合うピアサポートによって希望を取り戻すケースも多い。

 ●関わり方語り合う

 「夫の病気が再発し、暴言や暴力をふるうようになりました。どこに相談すればいいでしょうか」「薬を飲まなくなり、幻聴がひどい。病気の自覚がない妻にどうしたら薬を飲んでもらえますか」「支えようとしているのに妻の被害妄想がひどく、敵視されてしまいます」「支えなきゃと頑張ってきましたが、夫の両親から責められ、気持ちが切れてしまいました」「子どもが欲しいのですが、遺伝したらと思うと不安。妻にも相談できません」

 東京都内で9月23日に開かれた配偶者・パートナーの集い。精神障害を持つ配偶者や恋人がいる男女14人…

この記事は有料記事です。

残り1924文字(全文2289文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 札幌・JR琴似駅近に無人ホテル 訪日客の利用期待

  3. 未消化の有給休暇、どうか成仏して…大阪で「供養」イベント

  4. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  5. グレタさん、自己紹介欄に「ガキ」 ブラジル大統領の「あんなガキ」発言で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです